2014年12月02日

ブラジルでプロ挑戦中の裕太郎、アキトシ、U18,17でチャンピオン!!

吉野裕太郎 コッパ・ナショナルU18で大活躍!!
COJBスクール、ジュニアユースを経て中学を卒業後にブラジルへ渡り3年目を迎えている。
(ジュベントス→ウニオンサンジョアン→エクススザーノ)

毎日練習と高校に欠かさず通う努力の男。特にスピードがある訳ではないが、COJBから徹底的に基礎技術と身体の使い方を習得しブラジルで頭角を現しつつある。身長も180cmを越えブラジルでは競争率が高いヴォランチを務める。毎日現地の高校に通っているだけあり、ポルトガル語は堪能。
プロ契約に期待がかかる。得意技は腿トラップ。 

copa nacional.jpg045.JPG

アキトシ  サンパウロ市リーグ優勝!!
湘南ベルマーレ→COJB→コチーア→ウニオンバルバレンセ→FCカロリーナ
ようやくブラジルのサッカーに慣れ頭角を現してきた17歳。この年代もとにかく、試合に出て個としての実績を積まないことには誰も視てくれない。ビッククラブで留学しても、試合に出られるチャンスは殆どない。
その中で、まずは順調な挑戦をしていると思う。最初はマイナークラブでスタメンを張ってビッククラブへの足掛かりを作る。今後が楽しみだ。

アキトシトロフィー.JPG

蒔田泰広(ヘラクレス大磯→COJB→FCカロリーナ)16歳
所属クラブ推薦で名門パウメイラスのセレクションを受けている。2次審査はかつてcojbU14がパウメイラスと対戦したトレーニングセンター。非常に厳しい門でるが、現在の自分のレベル位置を確認することができている。合格したらあまりの快挙だ。


image3.JPG

GEDC1136.JPGGEDC1341.JPG src="http://cojbbrasil.up.seesaa.net/image/GEDC1136-thumbnail2.JPG" border="0">
GEDC1362.JPG
GEDC1136.JPGGEDC1137.JPG
posted by COJBブラジル部門 at 16:50| ブラジルサッカー事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする