2018年01月27日

感染症。

こんにちは。
今日はブラジルでの感染症について書いてい
きたいと思います。

ブラジルでは今また黄熱病が再流行しています。
野口英世さんが研究していた、そして亡くなった病気です。

自分は今サンパウロ市在住で黄熱のワクチンを受けてないんですが世界保健機関(WHO)は、ブラジルにおける黄熱の再流行を受け、これまで黄熱ワクチンの接種推奨地域に含まれていなかったサンパウロ市を含め、サンパウロ州全域を推奨地域としました。

なので、総領事館に行って話を聞きに行きました。
そしたら、ワクチンの数が足りてなくてどこに行っても今は受けれない状態なので、感染経路の蚊になるべく刺されないようにしてくださいと言われました。
正直こわいです。笑
今ブラジルは夏なので蚊がウジャウジャ湧いて出てきます。笑
ワクチンを受けれるまで蚊取り線香や虫除けスプレーを使ってなんとか頑張るしかないです。笑

あともう1つこわい感染症が狂犬病です。
狂犬病の犬や猫に噛まれると発症する感染症らしくて、噛まれてから発症する確率が50%でもし発症すると、100%の確率で死に至るそうです。
ブラジルには本当にびっくりするぐらい野良犬がいます。
自分が住んでいるすぐ周辺にも野良犬がたくさんウロついています。
ブラジルの野良犬はほとんどが人に対して警戒心は無く、こっちから何かしなければ噛むことはしなさそうですが、死に至る確率が高いのでこわいです。笑


そうゆう面でもブラジル生活では気お付けなくてはいけません。

自分はブラジルに来る前に何もワクチンを受けて来なくて今後悔しているので、これからブラジル、海外に行こうと思ってる人には色々なワクチンを日本で受けてから出発してほしいと思います。


IMG_3061.JPG(サンパウロで一番高いビルから撮影したサンパウロ市)
posted by COJBブラジル部門 at 10:49| ブラジルサッカー事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする