2008年06月10日

施設が良くなったから成績があがるということはない

サンパウロ州選手権セリエB(U23プロ)

与那覇選手の出場が待たれるこの選手権、CAJ(アトレチコ・ジョゼエンセ)は現在グループ8チーム中7位と低迷しているが、トップとの差は8ポイント差。
新監督になり1勝1分で少しずつ調子に乗っている。
COJBはこのクラブとかれこれ10年の付き合いがあるが、今シーズンからスポンサーが変わりホテルのサンジョゼ市からサンパウロ市内から近くのアチバイアに移動し、ホテルを宿舎にし、選手権を戦っている。そのホテルの全容はここから↓

http://www.atlantidaparkhotel.com.br/

確かに施設など環境は以前とは比較にならにないくらい変わった。
COJBから修行している選手達もそれは感じている。

しかし、はっきり言って本当に修行している者からすれば、別に住むところがホテルである必要などはない。

要は、より厳しい環境でポジション争いをし、戦うことができる環境である方が後から何かがついて来る。

ブラジルでは格差というものがはっきりしているが、U20のクラスとトップチームでは着るものから、ロッカー、控え室まで違う。
セリエBで、ホテル(CAJの合宿ホテルは高級だ)に住みながらというのは少々贅沢、いやかなり贅沢である。

結局、施設が変わっても、選手が汗かかないのでは意味が無い。
あたかもビッククラブに所属しているかのように選手達は勘違いをしてしまうことさえある。

そんな傾向があり、現在の成績であるということは思いたくない。

2次リーグへ駒を進めなくてはならない状況下で与那覇選手の出場が待たれる。



posted by COJBブラジル部門 at 01:34| Comment(1) | TrackBack(0) | ブラジルサッカー事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブラジルのサッカーやフットサルの情報もっと欲しいです。 映像最高です!
Posted by ブラジル好き at 2008年06月10日 15:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック